ネット利用時は注意!プライバシーを保護するための対策

個人情報の書き込みにはプライバシーにリスクが伴う

インターネットは便利なツールである一方、プライバシーを侵害されるリスクがあります。不注意から個人の権利が侵される危険性があるため注意しましょう。ネットでのプライバシーを保護する対策として、むやみに個人情報を公表しない心掛けが大切です。名前や住所など、個人を特定できるような内容をネット上で書き込むのはリスクが高いですね。もしネット上で個人情報を書き込む必要があるなら、プライバシー保護が万全に行き届いたサイトだけに限定しましょう。

写真画像のプライバシーには要注意

取った写真画像をインターネット上に公開することは珍しくありませんね。しかし公開した写真がプライバシーに影響を与える事もあるため注意しなければなりません。写真から個人が特定されると、プライバシーを侵害されるトラブルに発展されかねないため注意が必要でしょう。また場合によっては、他人のプライバシーを知らずに侵害する事にもなりかねません。写真をネット上にアップロードする際には、写真に映っている人への配慮も求められます。

プライバシー保護のためのセキュリティ対策

ネット利用でプライバシーが侵害される大きなリスクとして、ウイルス感染やハッキングが挙げられます。もし使用しているパソコンや不マートフォンのセキュリティが破られると、個人情報が盗まれて悪用されたりネット上に公開される恐れがあるのです。そこで自らのプライバシーを守るために、普段からのセキュリティ対策が欠かせません。ウイルス感染に掛かりやすい行動は出来るだけ避け、またアンチウイルスソフトやファイヤーウォールを利用してのセキュリティ対策を要しますね。

郵便物や名簿など、家庭で出た紙ごみをそのままゴミ箱に捨てると個人情報流出が心配ですよね。家庭用のシュレッダーを使えば、個人情報を他人に知られることなく簡単に細分化することが可能です。